固定スペース
ひらめきブログリニューアル工事中ひらめき


現在、ブログをリニューアルしております。
オープンまでしばらくお待ちください。
 
ご迷惑をお掛けしますが、よろしくお願い致します。



---------------------------------------------------------------- 
岡野宏量/HIROKAZU OKANO

お問い合わせ:strength.okano@gmail.com
 

書籍タイトルからキャッチコピーを学ぶ 2016年9月1日

こんにちは。
経営コンサルタント/整骨院経営モチベーターの
岡野宏量(ヒロカズ)です。

書籍のタイトルや、帯などを見ると、キャッチコピーとして
優れたものが多いと感じます。

整骨院や治療院の中で張り出す掲示物などを作る際には
参考になると思います。


ポイントは、自分が購入した本などがあったら、なぜ
自分がそれを購入したのかを分析することです。

どの言葉に引かれたのか?
言葉の色使いやフォントに引かれたのか?

それによって、色々なことが見えてきます。

ぜひ、参考にしてみてください。

早めの計画策定 2016年8月31日

こんにちは。
経営コンサルタント/整骨院経営モチベーターの
岡野宏量(ヒロカズ)です。

船井総研は12月決算で、1月から新しい期がはじまります。

今日は来期組織の素案と戦略について、マネージャー以上が
集まり話し合いがなされました。

ポイントは、既に来期のことを考えて今から仕込んでおくこと
だと思います。

今期のうちに来期の必勝戦略を描くことができれば、
来期の勝率は高くなります。

早め早めの計画が大切ですね。

ワクワク感の演出 2016年8月30日

こんにちは。
経営コンサルタント/整骨院経営モチベーターの
岡野宏量(ヒロカズ)です。

人は、「ワクワク」することが好きですし、そこには
お金を使おうとします。

高収益を考えるのであれば、「ワクワク」する感覚を
お客様に持ってもらうことが大切です。

「ワクワク」がないと、お客様は価格に目が行きます。
つまり、「高いか安いか」というところで判断をします。

一方、「ワクワク」する感覚があると、「ワクワクするか
しないか」という基準で判断をします。

いうなれば、価格訴求ではなく、ワクワク訴求です。


皆さんの治療院で、新しく自費治療メニューを開発したとします。
このときには、ワクワク感を意識して告知してみてください。

患者さんに、その施術を受けた後のワクワク感を持ってもらえたら、
試してもらえるはずです。

高収益は価格設定にあり 2016年8月29日

こんにちは。
経営コンサルタント/整骨院経営モチベーターの
岡野宏量(ヒロカズ)です。

コメダ珈琲が今年の6月に東証一部に上場しました。

決算書を見ると、コメダ珈琲の営業利益率の高さに驚きます。
2016年の実績で30%を超えています。

ドトールコーヒーが7.6%、スターバックスでも8.8%なので、
その高さは驚異的です。

高収益の理由を見ると、値付けにあると感じています。


コメダ珈琲に行かれた方はわかると思いますが、
コーヒー一杯は400円とスタバよりも高いです。

食事のメニューも高いと言えます。
(原価は安いものが多いです。)

昼食を食べようとすると、ドリンクと合わせて注文する
ことになるので客単価は1000円を超えます。

驚くのは、かき氷ですが、高いものだと800円です。


治療院業界を見ても、やはり単価の高いところが高収益で
あると言えます。

高収益のカギは値付けにあるようです。

 

一番主義 2016年8月28日

こんにちは。
経営コンサルタント/整骨院経営モチベーターの
岡野宏量(ヒロカズ)です。


船井総合研究所には「一番主義」という考え方があります。

商売においては、一番にならないと意味がないというものです。

理由は、一番しか生き残れないからです。
正確に言うと、時流に乗っている商売であれば一番以外でも
生き残れますが、それが終わってからは一番しか生き残れない
というものです。

また、一番の会社がプライスリーダーとして価格決定権を
持つことができますし、利益率も高いと言えます。


一番主義をわかりやすく表現すると、
「一番にこだわれ!」
「一番にならないことはやらない」
ということです。

ぜひ、改めて一番主義を確認してみてはいかがでしょうか。

スターバックスの離脱防止策 2016年8月27日

こんにちは。
経営コンサルタント/整骨院経営モチベーターの
岡野宏量(ヒロカズ)です。

スターバックスはいつも店内がにぎわっています。
私自身、度々利用します。

良い立地に出しているので、新規集客は安定している
ように思えます。

また、離脱も少ないと感じます。

その離脱が少ない理由としては、


・想定以上の商品品質
→香りのいいコーヒーがいつでも楽します

・想定以上のサービス品質
→バイトスタッフが多いようですが、「不快」に
感じさせることがありません。

・飽きさせない
→季節ごとに看板メニューを変更し、店頭のタペストリーは
定期的に変わっているので、飽きが来ません。

などなど。

上記の点は整骨院や治療院経営にも参考になると思います。

皆さんの院では離脱を抑えるために、実施していることはありますか?

ターゲットを絞らないマーケティング 2016年8月26日

こんにちは。

経営コンサルタント/整骨院経営モチベーターの

岡野宏量(ヒロカズ)です。

 

今週の火曜日に、船井総研の経営戦略セミナーで登壇いただいた

CCC(ツタヤ)の増田社長の講演の中で、敢えてターゲットを絞らずに

総花的なコンセプトでお店を作るという話がありました。

 

通常のマーケティングのセオリーですと、ターゲットを絞り込んで

そこに集中していくという話ですが、これとは逆の内容です。

 

増田社長の理屈としては、今後の人口減少の日本では、ターゲットを

絞っていては売上は上げられないというものです。

そのために、色々な世代にアプローチできるコンセプトが必要との

ことです。

 

このロジックは良くわかります。

ライフサイクルが進んだ業界であれば、このようにしていくことが

戦略として正しいとも思います。

 

時代が変わればやり方も変わります。

これまでのやり方にこだわらずに、時には、これまでのセオリーに反するような

ことでも思い切って実行する必要がありそうです。

生産性を高めるための発想 2016年8月25日

こんにちは。
経営コンサルタント/整骨院経営モチベーターの
岡野宏量(ヒロカズ)です。

業界平均よりも圧倒的に高い生産性を実現するためには、
現状のやり方を否定するという発想が大切だと思います。

これがゼロベース思考です。

ゼロベース思考とは、一度すべてを捨てることを意味します。

圧倒的な生産性の実現のためには、まずは現在持っている
ものを捨てることからスタートする必要がありそうです。

整骨院経営イノベーション研究会の開催 2016年8月24日

こんにちは。

経営コンサルタント/整骨院経営モチベーターの

岡野宏量(ヒロカズ)です。

 

今日は船井総合研究所の丸の内セミナールームにて、

整骨院経営イノベーション研究会が開催されました。

 

ウェブマーケティング講座、自賠責講座、従業員満足度調査などの

講座を開催いたしました。

 

その後にはいつものようにご参加された整骨院経営者様同士での

ディスカッションでした。

 

ご参加者の発言を聞いていて、業績が上がっているという声を

聞くことができました。

その声に、他のご参加者も刺激を受けているようでした。

いい循環だと思います。

 

次回は11月開催です。

一年を締めくくる総会でもあるので、更に気合を入れて

準備を進めていきます。

 

 

船井総合研究所の経営戦略セミナー 2016年8月23日

こんにちは。

経営コンサルタント/整骨院経営モチベーターの

岡野宏量(ヒロカズ)です。

 

昨日から3日間で、船井総研が全社を挙げて主催する経営戦略セミナー

開幕となりました。

 

第一目から4名のゲスト講師に登壇をいただきました。

 

詳しくは以下のURLをご覧ください。

http://www.funaisoken.co.jp/seminar/005081.html

 

東京は台風とぶつかるアクシデントもありましたが、多くの方に

ご参加をいただき、感謝申し上げます。

 

今日も昨日に引き続き開催されます。

本日のゲスト講師は、ツタヤの増田社長や、USJをV字回復させた

立役者の森本さんです。

 

楽しみです。

インフルエンサーからの口コミ 2016年8月22日

こんにちは。
経営コンサルタント/整骨院経営モチベーターの
岡野宏量(ヒロカズ)です。


口コミで新規客を増やす場合には、特に影響力の強い人に
紹介をしてもらえるようなることが大切です。

このような人たちをインフルエンサーと呼びます。

インフルエンサーの特徴は、(ある分野で)信頼されている
ことです。また、合わせて人脈があることも重要です。

信頼されているとは、実績を上げている人たちです。

「あの人が言うのであれば間違いない」と思わせる「あの人」という
存在を見つけ、その人に紹介してもらえるようにするための方法を
考えるのが大切です。

「わざわざ」買いに来る顧客を育てよう 2016年8月21日

こんにちは。
経営コンサルタント/整骨院経営モチベーターの
岡野宏量(ヒロカズ)です。

皆さんは、近くのお店でも買えるものでも、あえて
わざわざ遠い店まで行って買った経験はありますか?

「わざわざ」買いに行くというのには、それなりの
理由があります。

商品がいい、お店がいい、店員がいい・・・・
その理由は様々です。

近くで買えるものをわざわざ買いに来てくれるお客様は、
そう簡単には他のお店に移ることはありません。

いうなれば、自分のお店の信者客です。

このような信者客を育てることが商売を発展させるには
大切です。

皆さんのお店には、「わざわざ」来店してくれる
お客様はいますか?

情報の勝負から発想の勝負へ 2016年8月20日

こんにちは。
経営コンサルタント/整骨院経営モチベーターの
岡野宏量(ヒロカズ)です。

会社の業績を上げていく場合に、まずは情報で勝負が
決まります。

情報(ノウハウ)を知っているかどうかで、差がつくという意味です。

ノウハウを知り売上を上げていくと、次には発想で差が出ます。

発想とは考え方や切り口です。

会社は強くなればなるほど、情報での戦いから、発想の戦いに
重きが変わって行くように感じます。

競争力を増すために 2016年8月19日

こんにちは。
経営コンサルタント/整骨院経営モチベーターの
岡野宏量(ヒロカズ)です。

商品やお店に競争力があると、お客様は来てくれます。

逆に、競争力がなければお客様は来てくれません。

競争力を増すために大切なことは、複数の差別化ポイントを
持ち合わせることです。
それによって競争力が増大します。

たとえば、カフェを想定します。

一般的には、「近い」、「おいしい」、「安い」、「きれい」などの
どれか、あるいは複数がカフェの差別化ポイントになります。

競争力の高いカフェとは、上記のうちの複数の差別化ポイントを
備えているお店です。


圧倒的に競合を引き離すためには競争力の増大が必要です。
そのためには差別化ポイントを増やすという策が有効です。

ぜひ、自分のお店に置き換えて考えてみてください。

トークを学ぶ前に 2016年8月18日

こんにちは。
経営コンサルタント/整骨院経営モチベーターの
岡野宏量(ヒロカズ)です。

治療院でも、エステなどの美容店舗でも、カウンセリングの際には
トーク内容の練習の前に、まずは商品に対する自信を持てるように
するのも大切です。

それなくしてトークを学んでも、結局は気持ちは伝わらないからです。

そのためには、まずは自身が商品を体感することです。

当たっている商品はコピーを作ろう 2016年8月17日

こんにちは。
経営コンサルタント/整骨院経営モチベーターの
岡野宏量(ヒロカズ)です。

競合が当たっている商品を持っているとします。

この商品に独自性が特になければ、その商品自体を
コピーし、自社でも同じものを取り扱うようにするのが
いいでしょう。

ナショナルブランドに対するプライベートブランドの
戦略と同じです。

強い独自性のない商品であれば、小売店舗はPBを作り、
それを販売していきます。

治療院でもこのような発想を持って、メニューの品ぞろえを
考えてはいかがでしょうか?

集計業務の見直しでマーケティング精度を上げる 2016年8月16日

こんにちは。
経営コンサルタント/整骨院経営モチベーターの
岡野宏量(ヒロカズ)です。

マーケティングを最適化していくためには、数値を分析することが
大切です。

数値分析のためには、集計業務が必要になります。

時間が経って商品やメニューが変わったり、あるいは
対応オペレーションが変わると、集計業務の見直しも必要になります。

一度決めた集計業務でも、定期的な見直しを行なうことで、
数値分析のための必要な数値を集めることができます。

みなさんの会社では、定期的に集計業務の見直しを行なっていますか?

電車広告からも学べる 2016年8月15日

こんにちは。
経営コンサルタント/整骨院経営モチベーターの
岡野宏量(ヒロカズ)です。

電車に乗っていると、多くの広告を目にします。

それらを見ていると、ターゲットを明確にしているものが
あります。

たとえば、人材紹介の会社であれば「薬剤師紹介実績No.1」、
英会話であれば「ビジネス英会話」という具合です。

普段目にする広告を見ながらもマーケティングのセンスは
磨くことができます。

ターゲットは誰か?
ベネフィットは何か?

などと考えながら広告を見ると面白いですね。

家賃比率を抑える 2016年8月14日

こんにちは。
経営コンサルタント/整骨院経営モチベーターの
岡野宏量(ヒロカズ)です。

店舗ビジネスでは、家賃をいくらに抑えるかで
利益率が大きく変わります。

基本的には、粗利の10%以内に家賃を抑えるのが良いと
されています。

このことは、都心などの家賃が高い場合にも当てはまります。

家賃が高い場合でも家賃比率を低く抑えるためには、
二通りの方法があります。

一つは、回転率を高めることです。

もう一つは高単価にすることです。

商売の種類によって、どちらが適切かは変わりますが、
いずれにしても、家賃が高いところへ出店する際には、
予めどのように家賃比率を低く抑えるかは十分に考えて
おくことが大切です。

既存顧客へのアプローチ 2016年8月13日

こんにちは。
経営コンサルタント/整骨院経営モチベーターの
岡野宏量(ヒロカズ)です。


商売では、新規客を捕まえるまでにお金がかかります。

それに対して、既存顧客リストへのアプローチには
比較的お金がかかりません。

上手に商売をやるのであれば、既存顧客リストに対する
アプローチが大切です。

アプローチのポイントは、既存顧客が「買いたい」と思う
タイミングを狙って行なうことです。

一般的には、季節指数の高い時期のDMなどがこれに
当たります。

または、既存顧客リストを細かい属性に分けて、
それぞれにおすすめ商品を案内するというのも
大切です。

皆さんは既存顧客にアプローチを行ない、売上を上げる
ことができていますか?

顧客をリピートさせるには、2回目の対応が肝心 2016年8月12日

こんにちは。
経営コンサルタント/整骨院経営モチベーターの
岡野宏量(ヒロカズ)です。

初回の来店やサービス購入で、顧客の期待を大きく超えることができると、
2回目もリピートしてくれます。

しかし、2回目の来店時に、1回目と同じ程度のサービスであれば、
むしろ今度は不満足になる可能性があります。

それは、2回目の来店時の期待値が高いからです。

つまり、2回目は1回目の来店よりも更に高いサービスが必要に
なるのです。

このように考えると、店側は常に進化することが求められます。
お客様の期待を超えることで、お客様は次回の来店時には更に
高い期待値を持って来店されるからです。

皆さんは日々、進化していますか?

お客様を教育するからお金を使ってくれる 2016年8月11日

こんにちは。
経営コンサルタント/整骨院経営モチベーターの
岡野宏量(ヒロカズ)です。

お客様を教育することで、お客様はもっと購入に対して
お金を使ってくれるようになります。

しかし、多くの商売の場合には、お客様を教育するという
プロセスを経ずして売り込みを行ないます。

その結果、お客様は「売り込み」の強さを感じるようになります。

特に、単価の高い商品を購入いただく場合にはお客様の
教育が必要になります。

高単価ビジネスができるということは、それだけお客様を
教育することができるとも言えるでしょう。

数値を見ることで業績が上がる 2016年8月10日

こんにちは。
経営コンサルタント/整骨院経営モチベーターの
岡野宏量(ヒロカズ)です。

業績アップに大切なことは、「数値を見る」ことだと
感じます。

「数値を見る」とは、数値を気にしていることの現れです。

数値を聞かれて即答できない人は、業績を上げることに
意識が向いていないと言えます。

経営者、分院長、施術スタッフ・・・・

自分が責任を負っている数値については、いつでも言えるくらいに
しておくほうが良いようです。

立地に合ったお店を開いているか? 2016年8月9日

こんにちは。
経営コンサルタント/整骨院経営モチベーターの
岡野宏量(ヒロカズ)です。

皆さんが飲食店を開こうとした場合、立地によって
選ぶ業態が変わります。

一般的には、人の多いところでは専門店が良く、
逆に人の少ないところでは総合店が受けます。

治療院の場合もこれと同じです。

人の多い立地であれば、より専門的な治療院が指示れます。

一方、地方などでは逆に総合的な治療院でないと十分な
患者さんを集めることができません。


このような専門店がいいか、あるいは総合店がいいかは、
ライバルとの関係性からも同様のことが言えます。

ライバルが多ければ専門店のほうが良く、少なければ
総合店のほうが売り上げがあがりやすいと言えます。


皆さんは立地に適した店舗を構えていますか?

「○○らしく見えるか?」〜見た目の重要性〜 2016年8月8日

こんにちは。
経営コンサルタント/整骨院経営モチベーターの
岡野宏量(ヒロカズ)です。

もし、皆さんがスーパーなどに行き、何かの食品を買おうと
するとします。
たとえば、ヨーグルトを例にとりましょう。

ナショナルブランドの商品が二つあり、原材料も同じ、値段が同じ、
容量も同じだった場合には、何が決め手になりますか?


・商品のパッケージ→どちらがおいしく見えるか?

・商品の容器→どちらが大きく見えるか?

あたりが決め手になると思います。


つまり、買ってもらうために大切なのは、「○○らしく見える」という
見た目です。

実際に、それが本当に○○らしかったかどうかは、リピートには影響
しますが、初めての購買の際には影響しません。


これを治療院経営に例えると、患者さんに「○○らしく見える」かが大切です。

実際の治療技術はもちろん大切ですが、初めての来院の際には見え方が
重要になります。

皆さんの治療院は「○○らしく」見ていますか?

露天商の業績アップ 2016年8月7日

こんにちは。

経営コンサルタント/整骨院経営モチベーターの

岡野宏量(ヒロカズ)です。

 

祭にはさまざまな露天商が軒を連ね、祭の風景を彩っています。


さて、的屋などの露天商が業績アップを行なう場合には、
どのような手段が有効でしょうか?

基本的には、客数を稼ぐことと、一回の取引でいかに多くの金額を
使ってもらうことがポイントです。

一般的な的屋は、客数を稼ぐことには熱心ですが、単価アップなどの
提案を行なっていません。

これでは、せっかく集めたお客様から上がる売上を最大化することは
できていません。

ご存知の通り、的屋商売ではリピートで売上を上げるという発想は
適さないので、一回の取引での単価アップが重要になります。

具体的には、ボリュームディスカウントです。

2つ買ってくれたら割引をし、お得感を演出します。

実際にあった事例が、射的です。
弾が4つで400円ですが、8つで500円です。
多くの人が500円を支払うはずです。

色々な商売を見ながら商売の感度を上げることができますね。

小口に分けることで生産性を上げる 2016年8月6日

こんにちは。
経営コンサルタント/整骨院経営モチベーターの
岡野宏量(ヒロカズ)です。


多くの治療家が、自分の1時間当たりの施術で得られる
収入を上げたいと思っていると思います。

もし、あなたが1時間で1万円を取りたいとします。

一人の患者さんに60分施術をして1万円をもらうこともいいですが、
15分2500円の治療を4人に受けてもらうというのも有りです。

むしろ、地域によっては、後者の4人から合計で1万円をもらう
というほうがやりやすいかもしれません。


生産性を上げるためにはメニューを工夫することも大切です。

ぜひ、上記のような考え方も取りいれてみてはいかがでしょうか?

長期的に売上を安定させるストックビジネス 2016年8月5日

こんにちは。
経営コンサルタント/整骨院経営モチベーターの
岡野宏量(ヒロカズ)です。

経営者であれば誰もが、長期的に売上を上げたいと考えています。

それであれば、ぜひ、ストックビジネスの仕組みを作ることを
お勧めします。

ストックビジネスとは、お客様をストックすることで、売上を
安定化させるものです。

具体的には、新規顧客を一回だけの購買に終わらせずに、できるだけ
長い期間で購買し続けてもらうとういビジネスモデルです。

つまり、ライフタイムバリュー(生涯顧客価値)を高めることを
ベースにしたビジネスです。

顧客との接触頻度を保つ 2016年8月4日

こんにちは。
経営コンサルタント/整骨院経営モチベーターの
岡野宏量(ヒロカズ)です。

一度サービスを利用してくれたお客様に再来店してもらうためには、
その後の接触頻度が大切です。

必ずしも対面で会うだけではなく、ダイレクトメールも有効です。

直接会ってはいなくても、定期的にダイレクトメールで自分の
お店の存在をお客様に気づかせるのです。

これによって、そのお客様がまたサービスを利用してくれる
確率が高まります。

もちろん、時にはクーポンなどを付けてダイレクトメールを
送るのもいいでしょう。


先日のブログにも書きましたが、このダイレクトメールでも
なるべく手書きの一言を添えましょう。

最適な打ち手のための集計作業 2016年8月3日

こんにちは。

経営コンサルタント/整骨院経営モチベーターの

岡野宏量(ヒロカズ)です。

 

業績アップのためには、自社の課題を的確につかみ、

それに応じた打ち手を実行することが大切です。

 

課題を正確につかむためには、数値の分析が必要です。

また、数値分析のためには、分析すべき数値の集計業務が必須となります。

 

しかし、多くの整骨院、会社さんは、そもそも数値の集計を行なっていないため、

数値の分析ができていません。

 

まずは数値を集計する。

そのうえで、数値を分析する。

上記を経て、初めて適切な打ち手が見えてきます。

 

皆さんの会社では、分析すべき数値の集計を行なっていますか?

 

▲このページのトップに戻る