固定スペース
ひらめきブログリニューアル工事中ひらめき


現在、ブログをリニューアルしております。
オープンまでしばらくお待ちください。
 
ご迷惑をお掛けしますが、よろしくお願い致します。



---------------------------------------------------------------- 
岡野宏量/HIROKAZU OKANO

お問い合わせ:strength.okano@gmail.com
 

評価賃金制度、大阪会場終了 2016年7月3日

こんにちは。
経営コンサルタント/整骨院経営モチベーターの
岡野宏量(ヒロカズ)です。

今日は船井総研大阪事務所にて、整骨院向けの評価賃金制度研修の
最終講座が行なわれました。

5月から始まった全3回の講座で、7月で終了します。

ご参加企業は3回を通して、評価賃金制度の完成をしていきます。

今日の最終回では賃金制度を作成し、完成です。

制度自体を作成した後は、運用が課題になります。

しっかりとご参加者が運用できるよう、サポートして
いきたいと思います。

10年続くビジネスモデル 2016年7月2日

こんにちは。
経営コンサルタント/整骨院経営モチベーターの
岡野宏量(ヒロカズ)です。

現在、年商30億円以上をやっているある経営者さんと
お話をしているときに、その経営者さんが意識しているのは
「10年続くビジネスモデル」を作ることだと話してくれました。

そして、そのビジネスモデルを常に最適化することで、
業績を上げ続けるのが大切だと話されていました。

短期で売上を上げるということに目が行きがちですが、
10年間伸び続けるビジネスモデルを作るという観点だと
見えてくるものも変わると思います。

目先の売上にだけにとらわれずに、中長期的に、また
本質的に物事を見ていくことの大切さを感じました。

下半期が始まりました! 2016年7月1日

こんにちは。
経営コンサルタント/整骨院経営モチベーターの
岡野宏量(ヒロカズ)です。

12月決算の会社であれば、6月末でちょうど折り返しです。

このタイミングで、これまでの状況を振り返り、下半期を
いい形で終えられるように、改めて戦略を明確にするのは
いかがでしょうか。

特に、合宿というのも有効です。
少なくとも、幹部メンバーとは合宿を行なってはいかがでしょうか?

売上を上げるためには型を覚える 2016年6月30日

こんにちは。

経営コンサルタント/整骨院経営モチベーターの

岡野宏量(ヒロカズ)です。

 

売上を上げるのが上手な経営者は、売上を上げる型を

理解していると感じます。

 

「こうやって売上を上げていく」というフレームを持っている

という意味です。

 

バックエンド、フロントエンド、アップセリング、クロスセリング、

ジョイントベンチャーなどなど

 

意識しているかどうかは別ですが、様々なフレームを持ち、

それを応用しています。

 

やはり、マーケティングの原理原則を踏まえて売上アップに

臨むことが大切だと思います。

 

 

 

非直接的な投資が差を生む 2016年6月29日

こんにちは。

経営コンサルタント/整骨院経営モチベーターの

岡野宏量(ヒロカズ)です。

 

即時で売上を上げるためには、集客やプロモーションに投資をすることが

重要です。

 

一方、長期的に売上をあげるためには「非直接的な投資」が重要になると

言えます。

 

たとえば、会社のコンセプトを表現するための、直接的には売上に貢献しない

店舗づくりなどがあります。

 

自社の考えを理解してもらい、共感してもらうための店舗です。

これは短期で売上を最大化するための効率化とは異なる概念です。

 

技術者でもマーケティングを学ぼう 2016年6月28日

こんにちは。

経営コンサルタント/整骨院経営モチベーターの

岡野宏量(ヒロカズ)です。

 

治療家もそうですが、技術職の人は自分たちの技術を深めることには

関心がありますが、それを「売る」ことには関心が薄いと言えます。

 

その結果、いいものであってもお客様に購入してもらえない

ということが起こります。

 

いいものが必ずしも売れるわけではありません。

 

売れるためには、「マーケティング」が必要になります。

 

職人として技術を学び深めてきたように、今度は

マーケティングを学ぶことがお勧めします。

手放すから業績が上がる 2016年6月27日

こんにちは。
経営コンサルタント/整骨院経営モチベーターの
岡野宏量(ヒロカズ)です。

本日訪問した治療院グループさんでは、業績が上がっている
店舗とそうでない店舗が対象的なことをやっていました。

業績が上がっているA院は、開院からちょうど1年で、月商400万円を
超えました。
施術スタッフが3名なので優秀な成績です。

一方、業績上がっていないB院は月商250万円で、スタッフ数は3名です。
業績は低迷気味です。


つい最近まで、A院もなかなか300万円の壁を超えませんでした。
それは院長が他の若手スタッフに施術を振れなかったからです。

しかし、他の施術者に仕事を振れるようになってからは、
一気に売上が伸びました。


B院は相変わらず院長がほとんどすべての患者さんをこなしています。

手放さないと、自分の限界でしか売上を作れません。

みなさんは手放す勇気を持っていますか?

整骨院でも有効なファンの集い 2016年6月26日

こんにちは。
経営コンサルタント/整骨院経営モチベーターの
岡野宏量(ヒロカズ)です。

マーケティングでは、一度購入してもらったお客様に
再購入をしてもらうことは重要なテーマです。

そのための方法として、「ファンの集い」を開催し、
そこで新商品の発表や試用や、お客様同士の交流を
図ってもらうための企画を実施します。

つまり、ファンが自然に盛り上がるのを待つのではなく、
こちらが仕掛けて行ってファンを盛り上げるというものです。

このような企画には、お友達を連れてきてもらうようにすることで、
新規の顧客集めにも役立ちます。

ぜひ、試してみてください。

顧客啓蒙 2016年6月25日

こんにちは。
経営コンサルタント/整骨院経営モチベーターの
岡野宏量(ヒロカズ)です。

商売では、顧客を教育、啓蒙することが大切です。

これは、顧客に対するリーダーシップと言えます。

お客様を正しいところに導くためには、自分が一方的に
サービスをするだけではなく、お客様にも正しい知識を
持ってもらうことが必要になるからです。

整骨院などの治療院の場合には、特にこのような考え方が
大切です。

さて、この顧客教育ですが、必ずしも対面で行なうもの
ということではありません。
メルマガ、フェイスブック、ラインなどを活用して店に
来ていないときでも知識を付けてもらうことは可能です。

皆さんは顧客の啓蒙を意識的に行なっていますか?

整骨院向け多店舗展開セミナーのご案内 2016年6月24日

こんにちは。

経営コンサルタント/整骨院経営モチベーターの

岡野宏量(ヒロカズ)です。

 

今日は東京会場での開催があと2週間と迫ったセミナーの

ご案内です。

 

以下が今回ご案内するセミナーです。

多店舗展開したい整骨院経営者様におすすめ!
                           公開セミナー
 ■東京会場:7月7日(木)
 ■大阪会場:7月21日(木)
 本セミナーの詳細は以下のURLをご覧ください!
 →http://www.funaisoken.co.jp/seminar/007578.html

ゲスト講師には、3億円の整骨院グループを展開するLoop Quest淺井社長です。

また、今回はゲスト講師に幹部として組織運営を取り仕切る村田マネージャーにも
登壇いただきます。

これから店舗を増やし、会社を発展させたいとお考えの経営者さんには
必見です。

ぜひ、幹部の方と一緒にご参加ください。

売上アップと理念を結びつける 2016年6月23日

こんにちは。

経営コンサルタント/整骨院経営モチベーターの

岡野宏量(ヒロカズ)です。

 

治療院業界で働く人は、「思い」や「理念」が強い人が多く、

「売上」、「お金」にアレルギーを感じる人も少なくありません。

 

マネジメントにおいては、この一見相反するように思える

二つのものを一致させることが大切です。

 

これら二つのものがつながった時に、現実的に売り上げも上がり、

それが社会貢献にもなります。

 

皆さんのスタッフはこれら二つのものがつながっていますか?

自費治療業績アップセミナーのご案内 2016年6月22日

こんにちは。
経営コンサルタント/整骨院経営モチベーターの
岡野宏量(ヒロカズ)です。


今回は開催が迫っている「自費治療売上アップセミナー」をご紹介させていただきます。

実は今回のゲスト講師の方は、昨年の1月に開催したセミナーの参加者でした。

セミナー参加後、「根本改善型自費治療」をテーマに自費移行を進め、わずか半年で、

・自費売上300万円(約3倍)
・1院売上700万円

を達成されました。 その内容を惜しげもなく公開させていただきます。

=====================================================

↓↓すぐに内容を見たいという方はこちら
http://chiryoinsoken.com/sem003287/


自費治療詳細レポート公開中
↓↓↓
http://www.funaisoken.co.jp/file/pdf_seminar_003287_01.pdf#_ga=1.51852012.495436309.1420790014


◆セミナー開催日時
【大阪会場】2016年7月3日(日)13:00〜17:00(受付12:30〜)
(株)船井総合研究所 淀屋橋セミナープレイス

【東京会場】2016年7月10日(日)13:00〜17:00(受付12:30〜)
(株)船井総合研究所 東京本社

【名古屋会場】2016年7月24日(日)13:00〜17:00(受付12:30〜)
ABC貸会議室

=====================================================


皆様の中には、下記このような想いをお持ちの方も多いのではないでしょうか?

・自費を導入したいが、提供できる技術がない
・自費治療を導入したが、患者数が減ってしまい売上が下がってしまった
・自費治療と保険治療の区別がつかない
・自費を導入したら、リピート率が下がってしまった
・田舎だから自費治療は向いていない
・スタッフからの反対にあっている
・自費治療でやっていける自信が持てない
・自費でお金を頂くことに抵抗がある
・完全自費に切り替えて患者数が激減してしまった
・自費を導入したいが、具体的には何をしたら良いのかわからない


その悩みを解決するべく、ご用意させていただいたのが

『脱保険!自費率UP×患者数UPする
「根本改善型整骨院の作り方」セミナー』となります。

・ゼロからでも、たった3ヶ月で本格始動できる自費治療体制作り
・同じ治療技術でも、保険から自費治療へと移行した成功実例
・今からでも習得は遅くない、自費治療で提供しやすいメニュー、技術一覧大公開!
・安易な自費のメニュー作りや料金設定は失敗する!失敗事例公開
・あなたの院にはどれがマッチする?自費のパターン解説!
・たった10分だけど、患者様に満足いただきながら継続通院される「時短施術とオペレーション」
・高額な自費治療でもほぼ100%納得して受けていただけるトークマニュアル
・全貌公開!インターネットを活用した超安定的な集患体制
・みんな間違っている!?業者に任せてはいけない、HP原稿の正しい作り方

などなど、今回のほんの一部の内容となりますが、
自費治療を導入する際や導入したが上手くいっていない人にとって

「あっ!これが知りたかったんだ。」
「こんなとき、他院はどうしているんだろう?」

と解決できるテーマの数々ではないでしょうか?

自費治療で売上を作っていくことはそれほど難しいことではありません。
簡単な方法や仕組みを運用するだけです。

回数券の割引販売の注意点 2016年6月21日

こんにちは。
経営コンサルタント/整骨院経営モチベーターの
岡野宏量(ヒロカズ)です。

治療院では、母の日、父の日などのイベントとして自費治療の
回数券を割引販売することで、売上を高くすることができます。

うまくいけば、通常月よりも100万円以上も自費治療の売上が
上がることもあります。


このような一定期間に回数券などを割引販売する際には、一人の
患者さんあたりの年間の売上が向上しているかどうかを確認します。

つまり、セール期間の安い時に回数券を購入してもらった結果、
一年間の一人あたりの売上が下がっていては意味がありません。

顧客の欲しいものがわかるようになろう 2016年6月20日

こんにちは。
経営コンサルタント/整骨院経営モチベーターの
岡野宏量(ヒロカズ)です。

皆さんは顧客の欲しいものがわかりますか?

もしかしたら、欲しくないものを売りつけようと
していませんか?

一般的には、商売をしている人は「どのように売るか」という
ことに目が行きがちです。

しかし、その前に本来であれば「顧客は何が欲しいのか」
ということが議論されるべきです。


整骨院、治療院の場合でも同じです。

ぜひ、スタッフ同士で患者さんが欲しいものは何かという
ことについては議論をしてみてはいかがでしょうか。


評価賃金制度研修、2回目終了 2016年6月19日

こんにちは。

経営コンサルタント/整骨院経営モチベーターの

岡野宏量(ヒロカズ)です。

 

今日は船井総研の五反田セミナールームにて、整骨院向けの

評価賃金制度研修、全3回のうち、2回目が開催されました。

 

1回目は、等級制度の構築でしたが、今回は評価制度の構築です。

基本となる「評価シート」をお配りし、それを自社用にアレンジするという

作業をしていただきました。

 

ご参加されたみなさんには集中して作成をいただき、帰り際には

疲れた表情でしたが、その一方でやり切った後のすがすがしさが

感じられました。

 

次回は最終3回目です。

賃金制度と評価賃金制度の運用がテーマです。

 

ご参加者様に納得のいく評価賃金制度を導入していただけるよう、

しっかりと準備をして臨みます。

集客を増やすキラーフレーズ 2016年6月18日

こんにちは。
経営コンサルタント/整骨院経営モチベーターの
岡野宏量(ヒロカズ)です。

飲食店などの場合、看板などに「○○食べ放題」という
文字があるとそれによって集客できる数が増えることがあります。

さて、このようにお客様に響くキラーフレーズを活用できると、
集客数を増やすことができます。

そのため、普段からキラーフレーズを探す意識が必要です。

このキラーフレーズは、整骨院などの治療院では、
ホームページなどの文言としても使えます。

ぜひ、普段から意識をしてこのフレーズを探ってみてください。

スピードを上げることで売上が上がる 2016年6月17日

こんにちは。
経営コンサルタント/整骨院経営モチベーターの
岡野宏量(ヒロカズ)です。

ある地域一番の治療院グループを展開する経営者さんが、
「成功する人は波動が速い」ということを言っていました。

表現は独特ですが、これは行動のスピードが速いと成功する
ということを言っているのだと思います。

私も同感です。

売上が上がっていく兆しは、従業員のスピードが上がっている
のを見て感じます。

売上を上げたければ、スピードを上げるということが
大切だと思います。

仕組みで売上を上げる 2016年6月16日

組織で売上を上げる

こんにちは。
経営コンサルタント/整骨院経営モチベーターの
岡野宏量(ヒロカズ)です。

社長個人の力で売上を上げるステージでは、「腕力で
売上を上げる」という言葉がしっくり来ます。

一方、組織の力で売上を上げていくステージでは、
「仕組みで売上を上がる」という言葉が合います。

整骨院の場合、多店舗展開をするのであれば、
「腕力」ではなく「仕組」で売上を上げるということを
意識していくことが大切だと思います。

啓蒙することで単価が上がる歯科医院 2016年6月15日

こんにちは。
経営コンサルタント/整骨院経営モチベーターの
岡野宏量(ヒロカズ)です。

歯科医院さんの間で、「歯科ドック」という検査が注目を
集めているようです。

歯科ドックとは、人間ドックの「歯科版」で、自分の歯の状態が
分かり、デンタルIQ(歯に関する知識)を上げることを
目的としています。

デンタルIQが高まると、患者さんには歯を長持ちさせようという
意識が芽生え、結果的に歯を長持ちさせるための自費治療が
売れるということです。

啓蒙活動を経て、高単価な商品を購入してもらえるという
流れがあります。


治療院で自費治療を提供する際にも参考になると思います。


新しい試みの目的を共有しよう 2016年6月14日

こんにちは。
経営コンサルタント/整骨院経営モチベーターの
岡野宏量(ヒロカズ)です。

最近では、自費治療を導入する整骨院が増えてきていると思います。

しかし、依然として整骨院が自費治療を扱うことに対して、抵抗を
感じている先生も多くいるというのも事実です。

そこで、自社の従業員の中に、自費治療への抵抗を持つ人がいれば、
ぜひ「何のために自費治療導入を行なうのか」という点を考えて
もらいたいと思います。

この段階で自費治療導入の目的を共有できなければ、いつまで
たってもその従業員は自費治療への姿勢は後ろ向きのままでしょう。

自費導入に限ったことではありませんが、新しい試みを
行なう場合には、ぜひ、何のためにそれをやるのかを明確に
してほしいと思います。

情報提供で単価を上げる 2016年6月13日

こんにちは。
経営コンサルタント/整骨院経営モチベーターの
岡野宏量(ヒロカズ)です。

レストランなどに入った際に、
「今日は○○がオススメになっています」と言われる
ことがあります。

これによってもう一品多く頼んでもらえる可能性があります。

また、
「大盛メニューもあります」と言うことで、
単価が上がることがあります。

お客様は気に入らなければ買わないだけなので、
一言かけない手はありません。

お客様に、よりご要望に合った商品を購入していただくためには、
しっかりと情報を提供することが大切です。

その情報提供の後で、お客様が自分に最適な商品を選択した
結果に、客単価の向上があります。

「役立つ情報提供→客単価アップ」
という流れが大切です。

皆さんの治療院では、患者様、お客様に役立つ情報提供を
できていますか?

合宿二日目 2016年6月12日

こんにちは。
経営コンサルタント/整骨院経営モチベーターの
岡野宏量(ヒロカズ)です。

今日は昨日に引き続き、船井総研合宿の二日目でした。

朝8時から始まり、16時で全てのコンテンツが終了しました。

帰りのバスも2時間以上ありましたが、その時間も会議の
時間となりました。

とにかく充実した二日日間でした。

これから下半期に向けて勢いを加速させます。

船井総研の合宿 2016年6月11日

こんにちは。
経営コンサルタント/整骨院経営モチベーターの
岡野宏量(ヒロカズ)です。

今日は船井総研の研修があり、三重県の三杉リゾートに来ています。
総勢300名以上のメンバーと来ています。

夜まで研修がありました。

夜は別の部署のマネージャーとの飲み会があり、色々な情報が
聞けていい刺激を受けます。

上半期の振り返りという意味では、このタイミングでの合宿は
有効だと思います。

今回の合宿では下半期の方針の摺合せも行ないます。

売上を上げることを楽しもう 2016年6月10日

こんにちは。
経営コンサルタント/整骨院経営モチベーターの
岡野宏量(ヒロカズ)です。

色々な会社さんの店長(院長)会議に出席していて
感じることがあります。

それは、業績が上がる店長や分院長は売上を上げることを
楽しんでいるという点です。

つまり、業績を上げてもらいたいならば、その店長に
売上アップを楽しんでもらうという発想を持つことが有効です。

「どうすればこの店長は売上アップを楽しめるか?」を
考えていくと答えが出てくると思います。

社外メンバーも巻き込み業績を上げる 2016年6月9日

こんにちは。
経営コンサルタント/整骨院経営モチベーターの
岡野宏量(ヒロカズ)です。

売上を上げるためには、外部の専門家の力を上手に
活用することが大切です。

外部の専門家を、自分の会社の業績を上げるための
チームのメンバーとして構成できるようになると
いいでしょう。

そのためには、社内社外を問わずリーダーシップを
発揮することが必要になります。

ぜひ、社内だけではなく、社外に対してもリーダーシップを
意識してほしいと思います。

施術ができない治療家でも売上を上げる 2016年6月8日

力のないメンバーの加入でも生産性を上げる

こんにちは。
経営コンサルタント/整骨院経営モチベーターの
岡野宏量(ヒロカズ)です。

治療院に入ったばかりの新人治療家は、当然ながら
一人では稼ぐことができません。

しかし、新人が加入したとしても、院全体としては
生産性は落としたくないものです。

そのためには、彼らのできる施術以外の業務をやらせることで
全体の生産性を上げることを考えることが大切です。

一つのパターンが、稼げる治療家がもっと稼げるための
アシスタント業務に徹底して入ってもらうというものです。

みなさんの院でも、施術ができない新人治療家を活用することで、
全体の生産性を上げることにチャレンジしてはいかがでしょうか。

自分に合った商売を見つける 2016年6月7日

こんにちは。
経営コンサルタント/整骨院経営モチベーターの
岡野宏量(ヒロカズ)です。

世の中には色々な商売があります。

コンサルタントとして様々な業種の経営者にお会いしますが、
業種ごとに経営者に求められる力があると感じます。

整骨院などの治療院の経営であれば、社会性や教育性という
ものが特に求められます。

そのため、それを知らずに異業種から整骨院業界に入ってきた
経営者さんは戸惑いを感じることが多いようです。

大切なことは、自分に合った商売をやることだと感じます。

来院経路別のリピート率 2016年6月6日

こんにちは。
経営コンサルタント/整骨院経営モチベーターの
岡野宏量(ヒロカズ)です。

治療院の集客経路としては、
・ホームページ
・ポータルサイト(エキテン)
・紹介
・通りがかり

などがあります。

これらの集客経路別にリピート率を調べると、
一番高いのが紹介になります。

次がホームページです。

このように来院経路別のリピート率を調べることで、
どこに注力すべきかも見えてきます。

評価賃金制度研修in大阪、2回目終了 2016年6月5日

こんにちは。

経営コンサルタント/整骨院経営モチベーターの

岡野宏量(ヒロカズ)です。

 

今日は大阪にて整骨院向け「評価賃金制度研修」の第二回目が開催されました。

 

10時30分から18時までの長丁場でしたが、ご参加されたみなさんが

集中して作業をしてくれました。

 

特に、自社の評価シートを作るという作業をしてもらいましたが、

これがなかなか大変な作業です。

 

今回の評価シートを基に、次回3回目では賃金制度を作成していきます。

 

ご参加されたみなさん、今日もありがとうございました。

購入前に感情の変化を体験してもらおう 2016年6月4日

こんにちは。
経営コンサルタント/整骨院経営モチベーターの
岡野宏量(ヒロカズ)です。

人は商品を買うのではなく、「感情の変化」を買うと言われます。

このように考えると、セールスにおいては「感情の変化」を先に
感じてもらうことが大切です。

お客様はセールスの段階で購入後の感情の変化を試に体験できると、
購入する確率が高まります。

もちろん、セールスレターなどでも上手にこの感情の変化を
導くことができれば、その後の商品購入もスムーズに行きます。

▲このページのトップに戻る